パソコンの前に満足の女性

伝統的に展開されてきたマーケティング手法の多くは、雑誌や新聞などの紙媒体やテレビなどの広告メディアを舞台に相応のターゲット層を想定して実施されるのが一般的でした。テレビメディアや全国紙など媒体を利用して宣伝広告を打つとなれば企画会社や製作会社に依頼するなどして、巨額の費用を投入し消費者に対して一方的に情報発信するのが基本スタイルでした。これは地方紙などのローカルなメディアにおいても小規模になりこそすれ、本質的には変わりはありません。インターネットの登場でバナー広告やリスティング広告なども、登場しますが情報発信の送り手と受け手が分離している点では同じです。

ところがインターネット利用がさらに普及し、各社のソーシャルメディア(SNS)の登場で、様相は一変することになります。SNSの登場で最も大きな変革の波を受けたのは、コミュニケーションのあり方です。コミュニケーションとは情報伝達のおいて送り手と受け手の存在を前提にしています。SNSでは利用者同士の日々のワンシーンについての発言のやりとりや、時にはデリケートな問題についての情報交換など多彩な情報を気軽に発信し、意見を表明することが可能です。利用者の口コミや関心のあるコンテンツについての魅力などを気軽に共有することができるのが魅力。従来は情報発信の受け手でしかなかった、消費者でもある利用者が発言する権利を手にすることになりました。

その結果、ユーザーが爆発的に増加するばかりでなく、時には炎上騒ぎに発展するなど消費者を情報発信の当事者に立たせることにもなりました。その前提になっているのが、SNSでシェアされることです。シェアとは気になる話題やコンテンツを共有すること。増加したSNSユーザーを前に車エアされることは大きな拡散力を発揮することになります。デリケートな話題に無遠慮な発言をすることで炎上するなど負の側面があるのは確かです。しいいかしこの拡散力を活用すれば、ビジネスにおけるブランド力を発揮させるとも意味しています。

そこでウェブマーケティングにおいて、SNSは利用者をふくめた幅広い層に、認知させることに大きな強みを保有することが強く意識されるようになりました。ビジネスにおいてブランド力を獲得するのはブランディングだけでなく、親近感を持ってもらうことで消費者の購買意欲の喚起につながります。今後のウェブマーケティング戦略構築は、SNSの存在を抜きに語ることは出来ないのです。