• ホーム
  • 企業したてならマーケティングは必要ない?

企業したてならマーケティングは必要ない?

2019年11月25日

起業後ある程度の期間が経過すれば、昨今のインターネット環境の普及を前提にするかぎりBtoC取引の場面ではもちろんBtoBビジネスの場面でもウェブマーケティングは必要不可欠の戦略になってきます。一般消費者にあってはFAXなどは設置していない場合が多く、企業にあっても新規のビジネスパートナーを探す場面でインターネットで探す傾向が強まっているからです。それでは設立後日数が経過していない企業してほどない期間では、ウェブマーケティングを実践する必要性はあるのでしょうか。

結論から言えば、企業したての場合でも、商品の宣伝やサービスを見込み顧客に周知するためにはウェブマーケティングにおいては必要不可欠の企業成長要素と認識されているのです。企業後初期の機関は、商品やサービスなどの販売体制などを確立し、自社なりのビジネスモデルを構築する必要があります。顧客を獲得するにしても、自社で取り扱っている商品やサービスなどが周知される機会を増やすことが重要になります。ところが企業後初期の段階では、販売体制の確立以前の問題として、ユーザーや将来の顧客層を獲得するために、認知してもらう必要があるのは明らかです。しかしながら企業後初期の段階でこれからの成長をまつような状態では、投下できる広告費用にはおのずと限界があるはずです。とにかく売上や集客などの具体的コンバージョンにつなげるためには、ユーザーや顧客見込み総に積極的にアピールしていくことが必須です。

このような需要に応えるのが、ウェブマーケティングになります。自社のウェブサイトの開設しSEO対策で検索結果順位を目指して、自サイトへのアクセスを増やすのは、今後も必須です。しかし最近の各社のSNSの盛況振りは無視できない存在であることを明らかにしつつあります。SNSの特性はユーザーが特定に検索クエリなどに強いニーズを持っているとは限らない点にあるのです。従来はSNSのバックリンクには直接のSEO効果は見られないことから、SNSとウェブマーケティングとの親和性に疑問符がつくとの見解も展開されてこともあります。しかしSNSのユーザーは増加の一途をたどり、話題にのぼる記事やコンテンツは短時間とてつもない規模で拡散される事例に遭遇する機会はよくあります。SNSとの親和性の高いモバイル端末の普及も、ウェブマーケティングの必要性を痛感させる事象になっています。企業後初期からウェブマーケティングに取り組むべき理由は、そこにあるといえます。