記事一覧
企業したてならマーケティングは必要ない?

起業後ある程度の期間が経過すれば、昨今のインターネット環境の普及を前提にするかぎりBtoC取引の場面ではもちろんBtoBビジネスの場面でもウェブマーケティングは必要不可欠の戦略になってきます。一般消費者にあってはFAXなどは設置していない場合が多く、企業にあっても新規のビジネスパートナーを探す場面でインターネットで探す傾向が強まっているからです。それでは設立後日数が経過していない企業してほどない期間では、ウェブマーケティングを実践する必要性はあるのでしょうか。 結論から言えば、企業したての場合でも、商品の宣伝やサービスを見込み顧客に周知するためにはウェブマーケティングにおいては必要不可欠の企業成長要素と認識されているのです。企業後初期の機関は、商品やサービスなどの販売体制などを確立し、自社なりのビジネスモデルを構築する必要があります。顧客を獲得するにしても、自社で取り扱っている商品やサービスなどが周知される機会を増やすことが重要になります。ところが企業後初期の段階では、販売体制の確立以前の問題として、ユーザーや将来の顧客層を獲得するために、認知してもらう必要があるのは明らかです。しかしながら企業後初期の段階でこれからの成長をまつような状態では、投下できる広告費用にはおのずと限界があるはずです。とにかく売上や集客などの具体的コンバージョンにつなげるためには、ユーザーや顧客見込み総に積極的にアピールしていくことが必須です。 このような需要に応えるのが、ウェブマーケティングになります。自社のウェブサイトの開設しSEO対策で検索結果順位を目指して、自サイトへのアクセスを増やすのは、今後も必須です。しかし最近の各社のSNSの盛況振りは無視できない存在であることを明らかにしつつあります。SNSの特性はユーザーが特定に検索クエリなどに強いニーズを持っているとは限らない点にあるのです。従来はSNSのバックリンクには直接のSEO効果は見られないことから、SNSとウェブマーケティングとの親和性に疑問符がつくとの見解も展開されてこともあります。しかしSNSのユーザーは増加の一途をたどり、話題にのぼる記事やコンテンツは短時間とてつもない規模で拡散される事例に遭遇する機会はよくあります。SNSとの親和性の高いモバイル端末の普及も、ウェブマーケティングの必要性を痛感させる事象になっています。企業後初期からウェブマーケティングに取り組むべき理由は、そこにあるといえます。

2019年11月25日
成果がすぐに欲しいならリスティング広告がおすすめ!

検索エンジンに検索クエリを入力して、必要な情報を探し求めている検索ユーザーにタイムリーで共感できるコンテンツを数多く提供するのが、検索エンジンの結果上位表示を目指すSEO対策の基本です。検索エンジンの二大大手の、GoogleとYahooの検索ユーザーを合計すればシェアの占有率は90%をはるかに超えます。もっともYahooのアルゴリズムはGoogleと同一のものを運用しているのが現状なので、GoogleについてのSEO対策を実施すればウェブマーケティングの必要条件を充足することになります。 しかしインターネット開闢以来、最重視されてきたSEO対策には手間がかかるという難点を抱えていたのは否定できない事実です。しかるに検索キーワードを糸口に検索結果上位表示で集客などのコンバージョンを追求するには、即効性の面で難点を抱えています。特に新規ドメインを活用してホームページを運用する場合には、キーワードをたたき台にした検索結果の上位表示は困難で、即効性に劣るのは否みようがありません。 そこでSEO対策の成果を気にすることなく、費用を抑制して効果的なウェブマーケティングを可能にするのがリスティング広告になります。リスティング広告とは検索結果連動型広告の異名をもっていますが、流入キーワードの選定の如何にかかわらず検索結果上位に表示されるのは最大のメリットです。検索順位連動広告などの名前も冠されていますが、費用の計算方法も合理的です。 リスティング広告の場合、検索ユーザーが実際にクリックしない限り費用が発生しません。また予算も設定できるのが特徴です。例えば月あたり何回ほどのクリック数が見込めるのかに応じて、月額を決めることができる訳です。もっとも一回のクリックあたりの費用は、入札で決定されています。そのため検索ボリュームが大きいキーワードになるほど、クリックしたときの費用は高くなるのは否めません。自サイトへの流入を促しながらも、費用を抑えながらリスティング広告を出稿するなら、検索ボリュームが小さいスモールキーワードを数語組みあわせてロングテールキーワードを活用するのがオススメの方法といえます。ロングテールキーワードを活用すれば、かなりニッチなキーワードと選定ツールが判断するような場合でも、売上や主受け客の可能性を高くすることが可能です。ただしあまりニッチすぎると検索アクセスの絶対数が不足するので要注意です。

2019年10月18日
Webマーケティングを成功させる道筋

インターネット空間におけるWebマーケティングには、大きく分けて二つの方向性があります。従来から重要視されてきたのがSEO対策を実践すること。SEOとは検索エンジンの結果表示の最適化をはかることで、検索クエリを検索エンジンで入力し検索結果の上位に標示されることを目的にして、自然なバックリンクの獲得や良質なコンテンツの充実に努めることが基本になります。SEO対策では当然のことながらホームページの運営を前提にしています。検索エンジンからのトラフィックは、検索クエリをきっかけにしたアクセスを集めることを目標にしているからです。 従来のホームページへのアクセスはパソコンが中心であったことも手伝って、WebマーケティングとはSEO対策そのものを意味していました。ところがソーシャルメディア(SNS)サービスの提供開始をきっかけに、Webマーケティングの戦略の見直しを迫られることになりました。SNSでは誰もが情報発信が可能で、送り手と受け手の関係性は常に交換可能です。強い関心を引く話題やコンテンツは、共有されると(バズられる)と瞬く間に情報は広範囲に拡散し、多くのユーザーのアカウントに情報が流入していくことになります。 SEO対策において想定されるユーザーは検索クエリを切り口に、高い関心を持ってWebページにアクセスしています。ところがSNSではタイムライン上に流れている鮮度の高い情報の中から、関心の高い対象をピックアップし、気軽に発言をしています。このようなユーザーの姿勢はあるきっかけで関心をもてば瞬く間に、商品購入やBtoBにおける問合せなどに発展する可能性を秘めていると評価することもできる訳です。 従ってSNSのユーザーが増加し、トラフィックも携帯端末が多数を占めている昨今のWebマーケティングにおいてはWebサイトだけでなくSNSからの流入できる道筋を確保することが重要になってきます。商品ページは魅力的であるのは当然ですが、購入の成約や問合せの道筋をつけることも忘れてはなりません。商品ページはランディングされるだけでなく、商品の情報が拡散できるように、WebページにはSNSへの遷移ボタンを設置することも効果的です。反対にSNS経由のアクセスを確保し成約のチャンスを高くするには、アカウントを開設してSNSにおいて情報発信やブランディングに取り組むこともマーケティング戦略をねる上では重要な視点です。

2019年09月10日
LINEに散らばっているマーケティングチャンス!

LINEはリアルタイムで複数のアカウント同士で会話を成立させることが出来るという、SNSのなかでは身内などで活用されることが多いのが特徴です。家族などの身内ほど関係性が密でない場合でも、職場単位など、ツイッターのように匿名性が高いシーンでの利用にはあまり向いていないイメージがつよいのではないでしょうか。ところが最近、LINEからマーケティングにも活用できるLINE@が公開されています。まだあまり知名度は高くないようですが、コストパフォーマンスの高いマーケティングも可能にするLINE@の特徴や便利なツール・機能などを御紹介しましょう。 LINE@とはビジネス向けのLINEアカウントのことで、ユーザーに一斉にメッセージを送信してメールマガジンの機能を持たせたりLINE限定クーポンをプレゼントするなどのマーケティングシーンでの活用が可能になっているのが特徴。LINE@には企業のブランディングやブランドを認知してもらうために、スタンプを活用することも出来ます。スタンプといえばLINE独自の機能でタイムライン上で会話するには必要不可欠のアイテムです。スタンプに企業のイメージキャラクター商品の知名度をあげるためのデザインを施し、ダウンロードしたユーザーに常に目にしてもらえることになります。 またLINEビデオポイントと言う機能もマーケティングに活用できます。ビデオポイントとは、一分程度の動画視聴完了を条件にポイントが付与される広告サービスのことです。視聴するだけでポイントの付与を受ける天に人気があつまり、出稿する企業にとっても最後まで広告コンテンツを視聴してもらえるので費用対効果の高いマーケティングを実践することが出来ます。 そして総友達数が2500万人以上を数えるLINEニュース公式アカウントからは、毎日リッチメッセージが配信されてきます。このニュース内にも広告を出稿できる仕様になっています。このメッセージは1日3回、ニュースが送信されてくるわけですが、広告を出稿すれば全ての友達アカウントに表示されるので従来のメルマガなどに比較してもはるかにコストパフォーマンスが高く、商品やサービスの認知度を挙げることが可能です。かつてはLINE広告への出稿費用は最低でも100万円の出稿費用を工面しなければなりませんでした。ところが2017年4月3日以降はこの最低予算設定額が撤回されたので、非常に使い勝手がよくなっています。

2019年08月15日
ツイッターアナリティクスでデータ分析!

パソコンサイトのアクセス解析ツールには、Googleアナリティクスがあります。これと同様の目的をツイッターアカウントに置いても可能にするのが、ツイッターアナリティクスになります。ウェブマーケティング戦略にツイッターアカウントを取得してつぶやいたり、プロモツイート広告などを活用する場面では、実際のユーザーの反応がどうだったのかを分析するのは、非常に重要な意義を持っています。例えばどんな内容のツイートの反応がよくて、いかなる要因でフォロワーが増えたのか、などのデータを取得することでアクセス解析に役立てれば、リツートやいいねを最適化することが出来ます。そんな場面で力になる、ツイッターアナリティクスの特徴やメリットなどを御紹介しましょう。 ツイッターアナリティクスを使用することで取得できるデータには、ツイートアクティビティやフォロワーの属性など幅広い項目がふくまれており、わかりやすい表示がメリットです。ツイートアクティビティとは、自分のツイートに対して他のユーザーが行った行動をデータ化して表示してくれるというもの。具体的には自分のツイートが何回みられたのかを示すインプレッション数や、いいねやリツイートなどのエンゲージメント数などです。またツイートの中にリンクなどがはってあれば、クリック数などのデータも取得することができるのです。 ツイートの最適化を実践する上で、便利なツイッターアナリティクスの機能に、過去28日間のトップツイートの機能で、最もユーザーの反応が高かったツイートに冠してのレポートが表示されます。過去28日間というのは、4週間なので概ね一月のデータの中から抽出することになります。フォロワー数を増やしたりインプレッション数を増加させることは、より積極的なエンゲージメントにもつながります。エンゲージメントするユーザーは、自サイトのURLのクリック数も増加させることになり最終的には集客や売上につながります。 そしてツイッターアナリティクスのアクセス解析に役立つ機能に、オーディエンスというものがあります。オーディエンスとはユーザーの性別や端末カテゴリー・興味のあるカテゴリーなどの、属性を構成する情報です。ツイッターアナリティクスのデータ解析機能を活用することで、オーディエンスの属性に合致したツイートが可能になり、より多くのエンゲージメントを期待できます。想定ユーザーとのミスマッチを解消するのに、わかりやすいデータを参照できる、ツイッターアナリティクスはオススメです。

2019年07月31日
ツイッターのプロモツイートを活用してみよう!

新商品の販売や新たなサービスを開始したときのキャンペーンの広告を、ツイッターで展開することができます。それがプロモツイートという広告になります。例えば大規模なキャンペーンの開始だけでなく、あわせて販売促進のための割引クーポンなども発行する機能が実装されています。ツイッターと聞くと120文字程度の投稿する機能だけを想定されがちですが、有力な広告媒体として利用しマーケティング活動を効率的に実践できます。そこでツイッターのプロモツイートの特徴やメリットやデメリットなどを御紹介して参りましょう。 まずツイッターのユーザー層の属性から確認しておきます。世界規模で見ると月間あたりのアクティブユーザーの数は2億人以上で、日本では各種のSNSのなかでもユーザー数2位と非常に高い人気を得ています。年齢沿層で見ると、フェイスブックやミクシーなどのSNSに比較すると学生などの若者のユーザーが多いのが特徴です。プロモツイートの利用を検討するときは、こういった特性を踏まえると効率的なマーケティングを実施することが出来ます。 通常のツイッター上の表示では、フォローしているユーザーのツイートしか表示されませんが、プロモツイートは無関係にタイムライン上に表示されることになります。画面上で目に入りやすい場所にレイアウトされているので、幅広いユーザーにキャンペーン情報などを拡散できるのはメリットです。プロモツイートはフォロワーに関係なく表示される点で広告なのは明らかですが、タイムライン上に表示されるツイートと同じように、リツイートやいいねを付けることが出来ます。目に入りやすい上にリツイートやいいねを付けることが出来るので、親近感を抱いてもらうとトレンドにのり爆発的に拡散されてゆく効果も期待できます。 またプロモツイートはリツイートやいいねなどのエンゲージメントが突くたびに課金される料金体系ですが、二次拡散以降のエンゲージメントは課金されないのでお手軽に利用することが叶います。トレンドにのれば幅広くプロモツイートが拡散され、予算面でもお手軽に採用できるメリットがある一方でデメリットもあります。プロモツイートはユーザーの属性によっては、興味を引くことがなければ簡単に非表示されてしまうというデメリットを抱えています。そこでせっかくプロモツイートを活用して非表示にされないためには、事前のターゲティングを済ませておくことでエンゲージメントしやすいユーザーを絞り込むのがポイントです。

2019年07月16日
ハッシュライクスでインスタグラムのいいねを自動で増やそう!

これまでのウェブマーケティングにおいては、検索キーワードをもとにしたオーガニック検索の順位結果表示を目指すSEO対策が中心に展開されてきました。 SEO対策の主要なファクターと認識されているのが良質なコンテンツの充実をはかることです。 ここにおいてコンテンツの構成要素は、あくまでテキスト中心で画像や動画はあくまでコンテンツの理解を促進することを期待でいて添付されているにすぎません。 つまりSEO対策においては、テキスト中心のコンテンツでオリジナリティと有益な情報を検索ユーザーに提供することが重視されていたわけです。 しかるに必ずしもテキストを中心に構成することで、ユーザーが必要とする情報を伝達できないジャンルがあります。 それはファッションやコスメなどは、テキストよりはむしろ画像や動画で紹介する方が高いニーズがあります。 こういった需要にこたえるのがインスタグラムです。 インスタの自動でいいねを貰う方法の一つに、インスタ自動運用ツールがあります。 それが#Likes(ハッシュライクス)になります。 ハッシュライクスは有料プランのみのツールですが、ファンの獲得やフォロワーになるかの判断、いいねの自動判断などをすべてお任せできる便利なツールになります。 ハッシュライクスの利用を開始するには、まずハッシュタグを登録し、フォロワーする条件やいいねの上限などの稼働条件も登録する必要があります。 ハッシュタグとは自分のアカウントで関心のあるジャンルのことで、ハッシュライクスを使用することでフォローしたいアカウントやフォロワーとするべき属性なども簡単に管理することも可能にします。 ハッシュライクスは有料プランのみなので、ウェブマーケティングをインスタグラムで実施したいと言う企業向けのツールとの認識が一般的です。 ハッシュタグの設定にあたってはターゲットを意識することがポイントです。 インスタグラムは10代から30代までの若年層の女性がコア層とされていますが、10代と30代ではターゲットは明らかに異なるニーズや属性を持っているのです。 インスタグラムを舞台に、ハッシュライクスでウェブマーケティングに活用するには、ターゲットになるファンのペルソナを意識することがコンバージョンにも繋がります。 ただし注意したいのは、ハッシュライクスを利用するのはフォロワーの購入ではないということです。 あくまでユーザーにとって魅力的に映るようにマーケティング戦略を策定する必要があるのに変わりはありません。

2019年07月01日
おしゃれアピールがしたいならインスタグラムで決まり!

著明なソーシャルメディア(SNS)では、ユーザーから多数の支持を得てフォロワー数も数多くインフルエンサーが活動しています。インフルエンサーとは文字通り、SNSやブログなどにおいて大きな影響力をユーザーに対して発揮する個人のことです。SNSにはそれぞれのサービスでは主流のコンテンツには際立った違いがあるので、ユーザーの性別や年齢層・得意なジャンルなどが異なっています。例えばツイッターであれば匿名性が強く、気軽に120文字以内の投稿を気軽に行って共感したり感想を述べたりするのが定番の利用スタイルです。フェイスブックでは自身のプロフィールを公開し、リアルの関係性をもっている場合もありますが、基本的に友達同士でのやり取りが中心で、男女通じて年齢層も高くなる傾向があります。 これに対してインスタグラムの特徴はどこにあるのかといえば、何と言っても画像を中心にしたコンテンツが主流にある点を指摘することになります。インスタグラムではフォロワー同士、タイムライン上に画像を投稿して共有することに最大の特徴があります。自撮り画像もアップするのが良くあるので、ツイッターほど匿名性が高くはありません。だからといってフェイスブックほどに自分のプロフィールを公開する必要性も高くはないといえます。画像だけでなく公開時間を限定した動画投稿などの利用法もありますが、いずれにセヨスマートフォンなどでタイムリーに画像を簡単に投稿できるのがメリット。そのためインスタグラムは、ファッションやデザインなどのおしゃれをアピールするスタイルに高い親和性を発揮しているのは顕著です。このような投稿のスタイルやユーザーの嗜好を反映して利用者の対象の大半は若者の女性です。 インスタグラムにおけるインフルエンサーには、ハリウッドセレブや有名モデルなどがアカウントを保有し盛んに画像を投稿している方も含められています。そのためインスタグラムの利用者層は拡大しており若者の女性だけでなく男性のインフルエンサーも登場するようになり、アカウントを取得するユーザーは急増を見いせています。この事実は広告費用を余りかけることなく、ユーザーが急増しているインスタグラムを舞台にマーケティングするチャンスが広がっていることを意味します。影響力の高いインフルエンサーとコラボして商品やサービスをアピールすれば、広告費用を抑えながらも、適切な対象を設定してキャンペーンなどにも活用できるでしょう。

2019年06月14日
バズマーケティングの土台となるポイント

インターネット空間においてマーケティング戦略を構築する場合に、無視できないのがソーシャルメディアメディア(SNS)を中心とする拡散力です。特に意図することもなくコンテンツを提供したところ、投稿者本人は予想しないほどの範囲に拡散するという現象が典型的です。ウェブマーケティングにおいてはこういった拡散現象、いわゆる”バズられる”状況を理想刑にして広まることを狙うわけです。リアルな世界における口コミは、拡散しても範囲は限定されており影響力も限定されています。しかるにSNSにおいては膨大な数のユーザーが存在しているため、話題性の高い口コミなどは壮大な範囲で瞬時に駆け巡ります。このようなSNSなどを舞台にした口コミをする心理を利用するのがバズマーケティングになります。 バズマーケティングとは、口コミが広まる特性を利用した営業手法のことを指しています。SNSの特長ともいえる拡散力を利用するには、一定の期間をきったキャンペーンなどに活用するのに親和性を持っていると言えるでしょう。ここでポイントになるのは、ユーザーにとって自然に受容できる表現やコンテンツであることが必須という点です。一般的消費者であれば難なく理解できる分かりやすい内容であることを心掛けるべきと言えます。 そもそも口コミをしたくなるユーザー心理には、内容が面白いかどうかだけでなく、共感できたか否かも分水嶺になるとされています。商品販売のキャンペーンであれば、インパクトだけでなく思わず広めたくなるような話しやすさをコンテンツに含んでいるかを確認するべきです。キャンペーンの内容に話しやすさを実感してもらうには、話題性を付与させることも戦略的に考案することが求められます。例えばインパクトと話題性を狙って、インフルエンサーを起用するときには、ターゲット層に親和性のあるSNSに影響力のある方を起用すれば需要と供給とのミスマッチングを防ぐことになります。 またバスマーケティングで成功するためには、トレンドを読み誤らないことも必要です。SNSと一口にいってもそれぞれのメディアではユーザー層や、主流になっているコンテンツの種類には大きな違いがあります。例えば食品であればレシピ動画、コスメ関連のアイテムであればメイクアップのハウツー動画など、ユーザーが利用するトレンドにマッチングしたコンテンツを含めるようにするなど、ユーザーにとって有益で実践的な内容であれば話題性や話しやすさにつながります。

2019年05月30日