Month: October 2019
成果がすぐに欲しいならリスティング広告がおすすめ!

検索エンジンに検索クエリを入力して、必要な情報を探し求めている検索ユーザーにタイムリーで共感できるコンテンツを数多く提供するのが、検索エンジンの結果上位表示を目指すSEO対策の基本です。検索エンジンの二大大手の、GoogleとYahooの検索ユーザーを合計すればシェアの占有率は90%をはるかに超えます。もっともYahooのアルゴリズムはGoogleと同一のものを運用しているのが現状なので、GoogleについてのSEO対策を実施すればウェブマーケティングの必要条件を充足することになります。 しかしインターネット開闢以来、最重視されてきたSEO対策には手間がかかるという難点を抱えていたのは否定できない事実です。しかるに検索キーワードを糸口に検索結果上位表示で集客などのコンバージョンを追求するには、即効性の面で難点を抱えています。特に新規ドメインを活用してホームページを運用する場合には、キーワードをたたき台にした検索結果の上位表示は困難で、即効性に劣るのは否みようがありません。 そこでSEO対策の成果を気にすることなく、費用を抑制して効果的なウェブマーケティングを可能にするのがリスティング広告になります。リスティング広告とは検索結果連動型広告の異名をもっていますが、流入キーワードの選定の如何にかかわらず検索結果上位に表示されるのは最大のメリットです。検索順位連動広告などの名前も冠されていますが、費用の計算方法も合理的です。 リスティング広告の場合、検索ユーザーが実際にクリックしない限り費用が発生しません。また予算も設定できるのが特徴です。例えば月あたり何回ほどのクリック数が見込めるのかに応じて、月額を決めることができる訳です。もっとも一回のクリックあたりの費用は、入札で決定されています。そのため検索ボリュームが大きいキーワードになるほど、クリックしたときの費用は高くなるのは否めません。自サイトへの流入を促しながらも、費用を抑えながらリスティング広告を出稿するなら、検索ボリュームが小さいスモールキーワードを数語組みあわせてロングテールキーワードを活用するのがオススメの方法といえます。ロングテールキーワードを活用すれば、かなりニッチなキーワードと選定ツールが判断するような場合でも、売上や主受け客の可能性を高くすることが可能です。ただしあまりニッチすぎると検索アクセスの絶対数が不足するので要注意です。

2019年10月18日